最近のコメント

    確実に効果が欲しい!バリフの正しい服用方法

    バリフの正しい服用方法

    薬を服用するなら、効果は確実にほしいところ。

    せっかく買って服用してもなんの効果も得られませんでしたじゃ、ED治療へのやる気も削がれてしまいます。

    効果ほしさにとりあえずたくさん薬を飲んどけということもダメですよ。

    手軽に手に入るといっても、バリフは日本でいう処方せん薬に等しい効果を持つ薬。

    規定の量を超えて服用してしまうと、体に負担がかかってしまい危険です。

    健康体を保ったままで効果が得られる可能性を高くするためには、用法用量を守り服用方法を工夫しましょう

    用法用量

    バリフの用法用量

    バリフの用法用量は次の通り。

    服用量 1回1錠(~20mg)
    服用回数 1日1回まで
    服用間隔 24時間以上あける
    服用タイミング 性交の1時間前
    効き始め 服用後15~30分
    継続時間 5~10時間

    バリフは海外の製薬会社で外国人向けに製造されている薬になります。
    日本人が服用する際は推奨服用量10mgを目安に、効果や副作用が強い時は5mgに減らし、弱い時は15~20mgに増やしましょう。

    ピルカッターで1/2または1/4にカットすると量の調整ができますよ。

    服用方法

    バリフの服用方法

    服用は性行為の1時間前に水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

    その時、空腹の状態だと薬の吸収がスムーズにいき効果が最大限に発揮されますよ。

    また、薬を飲み忘れた時は、性交の15分前までに飲むことができれば間に合います。

    効果の効き始めが最短で15分なので、それまで時間を延ばせることができればステキな夜を過ごせます。

    POINT
    ●性行為の1時間前に服用
    ●空腹時に服用
    ●水またはぬるま湯で服用

    食事の影響を受けないってホント?

    バリフは食事の影響を受けないの?

    バリフの先発医薬品であるレビトラはバイアグラの次に作られたED治療薬です。

    そのため、バイアグラの“空腹時での服用でないと効果を得られない“という弱点を克服しています。

    そのレビトラのジェネリック医薬品であるバリフも同様に食事の影響を受けません

    有効成分のバルデナフィルが吸収されやすい性質にあるため、食事をとってからの服用でも効果があらわれます。

    しかし、やはり空腹時のほうが吸収率は高いので、最大限に効果を得たい場合は空腹時での服用をオススメします。

    アルコールもOK?

    バリフはアルコールの影響も受けないの?

    有効成分のバルデナフィルには、吸収されやすいという性質のほかに、水やアルコールに溶けやすいという特徴もあります。

    なので、お酒を飲んでからの服用でもOK!

    適度なアルコールは適度なリラックス効果をうみだします。
    すると性的刺激の神経伝達がスムーズにいき勃起しやすくなります。

    しかし、大量にアルコールを摂取してしまうと脳が極度なリラックス状態になり、刺激に鈍感になってしまうため勃起しづらくなってしまうのです。

    お酒を飲むときは適度な量を飲むようにしましょう。

    やっぱり柑橘系はNG

    柑橘類と飲んではいけない

    グレープフルーツやみかんなどの柑橘類との服用はNGです。

    柑橘類にはフラノクマリンという血中濃度を高める作用のある成分が含まれており、効果を増強し、副作用を強めてしまいます。

    果肉はもちろんのことジュースも飲まないようにしてください。

    柑橘類のほかにもフラノクマリンを含んでいる食品があります。
    効果を増強するおそれがあるのでこれらも飲食しないようにしましょう。

    ●フラノクマリンを含む食品
    柑橘類、パセリ、セロリ、ミツバ、イチジク、ザクロ  など

    実はフラノクマリンをあまり含まない柑橘類も中にはあります。

    ●効果増強の可能性が低い
    温州みかん、カボス、バレンシアレンジ、マンダリンオレンジ、ネーブル、日向夏、レモン、ゆず  など

    可能性が低いのであって、確実に効果増強がないわけではありません。

    心配な人は薬の服用時には柑橘類はすべて避けるようにしましょう。


    PAGE TOP