最近のコメント

    バリフの効果を快適に得るために!服用方法を工夫しよう

    バリフの効果を快適に得る

    バリフは即効性のあるED治療薬。
    服用タイミングをいちいち気にしたくないという人に人気の商品です。

    そんなバリフの効果を問題なく得られている人も多いとは思いますが、中にはなかなか効果が得られないという人や、逆に副作用が強すぎて効果に集中できないという人も。

    そんな人のために、快適にバリフの効果を得られる服用方法をお教えします。
    これらは基本の服用方法を守った上での服用方法なので、基本の服用方法も一度確認しておきましょう。

    なかなか効かない!そんな時に試したいバリフの服用方法

    なかなか効果が得られない

    基本の守るべき服用方法の通りきちんと服用しているはずなのに、なかなか効果を得られないという人がたまにいます。
    そういった人は、次の服用方法を一度試してみましょう。

    いまどのくらい服用してる?

    あなたは今、1回の服用でどのくらいの量のバリフを服用しているでしょうか。

    日本人の服用推奨量は10mgですが、最大服用量は20mgとなっています。
    もし今まで10mgで服用していて効果があまり得られていないと感じていたならば、20mgに増量することをオススメします。

    ただし増量する場合は副作用が軽いまたはまったくない場合に限ります。
    また一気に20mgへと増量するのではなく、15mg→20mgと徐々に増量して様子を見てください。

    空腹時に服用しよう

    服用する時に食事をとってはいないでしょうか。

    バリフはバイアグラの弱点を克服し、食事の影響を受けないように開発されました。
    よって食事を行った後でも服用は可能です。

    しかし空腹時に服用した方が、食事をした後に服用した時よりもバリフの吸収率が高いのは確かです。
    食事をした後に服用している人は、空腹時に服用するようにしてみましょう。

    ストレスため込んでない?

    あなたの精神は安定しているでしょうか。

    EDの原因の1つに心因性EDというものがあります。
    これはセックスや生活の中でのストレスやプレッシャー、トラウマなどといった精神面が原因のEDを指します。
    ストレスやプレッシャー、トラウマは目に見えず、人によって感じ方はさまざまであるため、気づかぬうちにかかっていることが多いEDです。

    そのためEDの症状が進行していてバリフが効いていないということもあります。
    ストレスやプレッシャーなどを感じない環境に身を置くなどして、ストレスフリーな状態で服用してみましょう。

    副作用がきつい!そんな時のバリフの服用方法

    副作用がひどい場合

    基本的な服用方法を守っているのに、副作用が強く出てしまうという人もいます。
    たとえ効果を得られていたとしても、副作用が強すぎるとそこに気がいってしまい、効果の恩恵をなかなか受けられないもの。
    そういった人は副作用を軽減するために、次の服用方法を試してみましょう。

    服用量が合ってないのかも

    もしかしたら服用している量が多いのかもしれません。

    バリフの最大服用量は20mgです。
    その間でならどのくらい服用してもいいので、今服用している量から、効果が得られつつ副作用が気にならない服用量まで減らしてみましょう

    カットは、ピルカッターはもちろんはさみなどでもカットできます。
    カットして余ったバリフは、高温多湿はさけ冷蔵庫などで保管しておき、早めに使用するようにしましょう。

    軽食をとろう

    バリフは食事の影響を受けづらい医薬品ではありますが、空腹時に服用するとより効果が得られます。
    それを知り、空腹時に服用してはいないでしょうか。

    空腹時とそうでない時とでは、吸収率に多少なりとも差が生じます。
    吸収率が高ければ高いほど効果は得やすくなりますが、その分副作用も出やすくなってしまうのです。

    うどんやサラダといった軽食をとり、吸収率を下げれば副作用も軽くなります

    市販薬を併用しよう

    頭痛や腹痛といった副作用の症状が出ている場合は、それに対応する市販薬を服用しましょう。

    バリフとそれらの市販薬は作用の仕方が異なります。
    よってお互いにお互いの効果を打ち消し合うといったことはありません。

    ただし注意してほしいことが2つあります。

    1.バリフと一緒に服用する
    バリフは吸収されるのが早いため、早く効果が得られ副作用も出てしまいます。
    そのため副作用が出てから市販薬を服用してしまうと成分は吸収された後であるため、意味がありません。
    2.併用禁忌薬でないか確認する
    市販薬の中では、バリフと一緒に服用してしまうと余計に副作用を悪化させてしまうものもあります。
    そうならないためにも、併用してもいい医薬品なのか確認して服用は行いましょう。

    まとめ

    まとめ

    バリフの効果をきちんと得るための服用方法も、副作用を減らすための服用方法も、服用する量を調整するか、吸収する量を調整するといった方法が基本になります。

    また両方の服用方法で気をつけてほしいことが、最適な服用方法とは、効果が得られつつ副作用は気にならない程度または副作用がまったくないといった服用方法だ、ということです。
    これを基準にして、自分に合った服用方法を見つけるようにしましょう。


    PAGE TOP