最近のコメント

    知っておこう海外通販のメリット・デメリット、守ろう個人輸入のルール

    通販のメリット・デメリットを知り、個人輸入のルールを守ろう

    バリフは日本国内では未承認のお薬です。

    薬事法では国内未承認のお薬は薬局や通販での販売・購入はできないことになっています。

    バリフは日本国内では手に入れることができません。

    そんな時に活躍するのが海外通販サイト

    海外からの個人輸入という形をとるので、薬事法には違反しません。

    また、薬事法では“個人の自己の使用のためだけの個人輸入”はOKとされています。

    そんなバリフ通販のメリット・デメリットと、個人輸入のルールを理解し、バリフを購入しましょう。

    バリフ通販のメリット

    通販のメリット

    バリフ通販の大きなメリット

    ・薬代が安い
    ・通院せず時間を節約できる

    ということです。

    バリフはレビトラのジェネリック医薬品なので低価格で販売されています。
    そのうえ、通販では仕入れ原価が安く、また人件費がかからないため安く購入することができるのです。

    また、通院のためにわざわざ時間を割くことなく、自分の都合のいい時間と場所で購入することができるので、通販は時間の節約にもなるんです。

    2つの大きなメリットのほかにも、通販にはさまざまなメリットがあります。

    バリフ通販のメリット


    ●24時間どこでも注文ができる
    ●日本国内では承認されていない医薬品を買うことができる
    ●プライバシーが守られる
    ●自分で商品を吟味し、合いそうなものを探せる

     

    ●24時間どこでも注文ができる
    スマホやタブレット、PCなどのインターネットがつながる環境であれば、場所や時間を制限されずに購入することができます。

     

    ●日本国内では承認されていない医薬品を買うことができる
    薬事法では日本国内で承認されていない医薬品でも、海外通販でなら個人が“自己の使用のためのみ”購入することができます。

     

    ●プライバシーが守られる
    病院では医師、看護師、薬剤師、他の患者など多くの人の目に触れます。
    しかし、通販では人目に触れることなく購入ができます。
    周りに治療がばれたくない人にはとてもオススメ。

     

    ●自分で商品を吟味し、合いそうなものを探せる
    医師の判断で処方される病院とは違い、通販では自分の判断で購入することができます。
    お薬の情報を得られ、お薬どうしや通販サイトどうしで比較でき、また口コミなど実際に使用した人の声も見たうえで購入するかどうかの判断ができます。

    デメリット

    通販のデメリット

    メリットが多いバリフ通販。

    しかし、メリットがあればデメリットも存在します。

    バリフ通販のデメリット


    ●商品が届くのに時間がかかる
    ●すべて自己責任
    ●薬の説明・アドバイスがきけない

     

    ●商品が届くのに時間がかかる
    海外からの発送になるので、天候や時差に左右され確実なお届け日はわかりません。
    1~2週間はかかってしまいます。
    しかし、早く届くということは国内から発送されているということ。
    偽物や転売品の可能性があります。

     

    ●すべて自己責任
    自分の判断での購入になるので、なにが起きてもすべて自己責任になってしまいます。
    きちんと効果や副作用などを調べ、信頼のおけるサイトから購入するようにしましょう。

     

    ●薬の説明・アドバイスが聞けない
    お薬の説明・アドバイスは医師か薬剤師、登録販売者しかすることができません。
    それ以外の人がしてしまうと薬事法に違反するおそれがあります。
    通販サイトに記載されている薬の説明をきちんと読み、わからないことは調べてから購入するようにしましょう。

    個人輸入のルール

    個人輸入のルール

    個人輸入にはルールが存在します。

    これを破ってしまうと、薬事法などの法律に違反することになってしまいます。

    以下のことを確認し、きちんと守りましょう。

    ルール


    1.個人が“自己のためだけ”に輸入する
    2.購入できる量を守る

     

    1. 個人が“自己のためだけ”に輸入する
    医薬品の個人輸入は薬事法で「個人が“自分のためだけ”に輸入すること」と定められています。
    以下のことはNGな輸入行為になります。

    ・第3者に売るために輸入
    商売目的での輸入はNGです。
    ・第3者のために輸入
    あなたの元に届いた商品を第3者に譲ることはNGです。
    ・第3者と一緒に輸入
    共同での輸入は“自分のためだけ”の輸入に反しているためNGです。

     

    2. 購入できる量を守る
    購入できる量には決まりがあります。
    決められた数量以上を購入した場合、没収になる場合があります。

    ●外用剤:標準サイズで1品目24個以内
    *外用剤・・・・・軟膏などの外皮用薬・点眼薬など
    ●毒薬、劇薬または処方せん薬:用法用量からみて1ヵ月分以内
    *処方せん薬・・・有効で安全な使用を図るため、医師による処方が必要とされる医薬品
    ●上記以外の医薬品・医薬部外品:用法用量からみて2カ月分以内

    これらのことを守り、安全にED治療を行いましょう。


    PAGE TOP